記事・コラム

【記事】

英語教育達人セミナー in 東京

2012.03.08

中学校・高校の英語教員が中心となり、英語指導法の勉強会を行う「英語教育達人セミナー(達セミ)」が3月3日と4日の2日間、東京で開催された。
このセミナーは、毎週行われていて、全国各地で開催されている。

1日目となる3月3日(土)は、渡邉美樹さんが理事長を務める、郁文館夢学園(東京都文京区)にて下記の通り開催され、小学校から高校までの英語教員の方々が講座を務め、参加者参加型での実践的な勉強会となった。

・第1講座「授業のバージョンアップ〜東京コラボ」谷口幸夫先生(都立国分寺高等学校)
セミナー参加者も交えて小学生向けの音響を使った授業や、和訳先渡しの長文を使ってのペアワークなどを紹介。


谷口幸夫先生

・第2講座「心とカラダが動く授業」日野奈津子先生(横浜市立南中学校)
iPhoneアプリを使った楽しい授業作りを紹介。また授業の導入などでYoutubeの動画を活用し、生徒の注意を授業にスムーズに集中させる方法などを紹介。


日野奈津子先生

・第3講座「英語モードで Let's get started!」小林将伸先生(長野県・町立御代田中学校)
複数の単語の中から仲間はずれを探す「ビジョントレーニング」など楽しみながら生徒の集中力アップを目指す授業例などを紹介。


小林将伸先生

・第4講座「達セミエレメンタリー 序章」瀧沢広人先生(埼玉県・町立小鹿野小学校)
小中学校の「英語連携」をテーマに、授業で楽しくできるキーワードゲームやビンゴゲーム などを紹介。英語を「わかる」だけでなく「使いこなせる」ためのトレーニングを紹介した。


瀧沢広人先生

2日目の3月4日(日)は東京女子学園中学・高等学校(東京都港区)に場所を移し、下記2講座が開催された。

・第5講座「カルタでここまでできる!!」西林慶武(北海道・市立稚内東中学校)
カルタを使ったペアワークを紹介。
英単語だけでなく、英文を書いたカルタを用いて、英文を英文のまま理解させるための授業を行った。
英文カルタを用いてSpeaking、Writing、Readingなどそれぞれの技能を身に付ける実践を紹介した。


西林慶武先生

・第6講座「やる気の出る語彙&音読指導」松本涼一(福島県・町立双葉中学校/埼玉県・市立騎西中学校)
音楽や映像などICTを活用して、生徒の集中力を高めながら学べる授業を紹介。
また、生徒が自発的に考え英文を読み書きできるスキルアップの方法として、松本先生が授業で実践している英文交換日記についても紹介した。


松本涼一先生

英語教育達人セミナーは毎週、日本各地でセミナーが開催されているが、今回初めてセミナーに参加した参加者からは「早速月曜日の授業から学んだことを実践したい」と前向きな意見があがっていた。

小中高の先生方が一緒になって、実践的な英語指導を共有するこのような場は大変貴重だと感じた。
さらに「達セミ」は全国で開催されているため、学びたいと思う先生方には常に学びの機会が提供されている。
今後の活動を期待するとともに、キンジローでも応援していく。

英語教育達人セミナーの今後のスケジュールはコチラ
英語教育達人セミナー

「英語教育達人セミナー」の松本涼一先生のキンジローインタビュー記事はコチラ
被災地から埼玉県に集団移転。新たな地で英語指導

«前の記事へ |  記事・コラム一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます