記事・コラム

【記事】

グローバル教育について考える「GiFT Summit 2013」前半

2013.06.21

2013年6月9日(日)、国連大学およびこどもの城にて、GiFTのキックオフイベントとなる「GiFT Summit 2013」を開催。

参加者が体験型ワークショップを通じて「地球市民(グローバル人材)である」という世界を感じることを目的として開催された。
イベントは午前と午後の2部制に分かれ、ゲストによるストーリーテリングや、GiFT Dialogue(GiFT Curveシートを使ったストーリーテリングや、ダイアローグ)を行い、参加者同士が深く繋がれる場となった。

午前の部

はじめに、GiFT 理事長、島田精一氏からのメッセージ。
GiFTのもつ大きな世界観=『岩倉使節団派遣からおよそ140年。終戦からおよそ70年。今から70年後の地球社会へ、地球市民(言い換えると、真のグローバル人材)を贈りたい』という強いメッセージが送られた。


島田精一理事長

次にGIFT事務局長の辰野まどか氏からの挨拶では、1つの新聞記事と共にGiFTの目指す世界について提起があった。

参考記事:『グローバル人材「無理」…高校・大学生の半数超

「今からグローバル化のための教育を受けても自分は間に合わない」と感じている割合は、高校生で50%、大学生で55%という衝撃的なリサーチ結果を前に、辰野氏は「グローバル人材とはそんな遠いものではない。
英語ができるとか表面的なことではなく、地球の一員としての感覚は誰にでもすでに自分の中にあり、それに気づき育てるところから地球市民としての一歩は踏み出せるということを感じてもらいたい」とGiFTに込めた思いを語った。

また「70年後、世界の人口は100億人を超えいっぽう日本の人口は6,000万人ほどになると言われています。ここでGiFTが大切にしていきたい視点は、日本がダメになる…ということではなく、同じ地球に生きる者として地球に対してどうこうどうしていくのか、という発想を持ち行動するということ。GiFTはそんな地球市民を増やしていきたいと考えています。」
と、GiFTの目指す世界観は日本だけにとどまらない真の意味でのグローバル視点を持つことだと語った。


辰野まどか事務局長

続いてゲストの二名によるダイアローグが行われた。

まずはゲストの加藤重治氏(文部科学省国際統括官)。
これまでの数ある自身の体験についてお話いただくの中で、加藤さんが多様性を感じた瞬間として挙げたのは、ケネディ・スクールで受けた言葉だった。
「『あなたたちがいることこそが、われわれの宝だ。』そう教授は私を含めた留学生に対して言ってくれました。学生の多様性を本当に認めてくれていると感じると共に、アメリカはなんてオープンな社会なのかと、その国の持つ多様性に対する懐の広さを実感した瞬間でもありました。」

また、これからの地球社会について留学に対する考え方の変化に触れ、
「これまでの留学事業は、日本から諸外国、特に先進国への一方的なものでありましたが、近年は“双方向”になっています。これは日本のみならず、海外においてもこれからの地球社会に向け『どんどん外へ飛び出して、異文化の体験を積む必要性』を感じているからに他なりません」
と、大学生を中心とした若者が「地球体験(海外体験)」を通じて異文化をリアルに体験することの重要性が増していることを強調した。


加藤重治氏

次にゲストは船橋力氏(株式会社ウィル・シード会長)。
ダボス会議から戻ってきたばかりの船橋さんは、「大学生の後半に起こったショックな出来事のあと、世界一周旅行へ出て、その中でフィリピンのスラムを訪問する機会があり、貧しくはあるものの、歌と踊りと祈りと共に彼らが自分たちよりも心豊かな生活をしていることに衝撃を受けたんです。」
また、ヤング・グローバル・リーダーに選出された後の自身の変化にも触れ、「世界から見た日本の存在感のなさにびっくりし、これはどうにかしなければ」という想いを持ち日本でグローバル教育について取り組んできたこと、震災以降いろいろあった中で「僕はもっと困っている人のところに行きたいんだ」と気づき、これからの自分の道を模索しているところだ、と率直な想いを伝えた。


船橋力氏

午後の部は次回に続く・・・

«前の記事へ |  記事・コラム一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます