記事・コラム

【連載コラム】

「自分は英語は基礎力レベル」と思っている人は要注意!(後篇)

2015.08.05

保呂田友里

YURI 式とは“TOEIC 力”と“英会話力”を同時アップする方法です。
「TOEIC で英語は話せるようにならない」は誤解です。使い方次第で、こんなにも英会話力を身につけるのに“効率的”かつ“合理的”なものはないんです!
英語が苦手でも、英語のセンスなんてなくてもYURI 式なら大丈夫!

【これにピンとこなければ……それがあなたが英語を話せない理由です!】

前篇では、TOEIC 短期スコアアップはもちろん、英語を話したいなら、まずは “基礎力レベル”に達しましょう、というお話しをしました。

そこで後篇では、「いやいや、基礎力レベルならあるよ……」というあなたに、本当に基礎力があるかどうかを確かめるクイズを出そうと思います。

このクイズにピンとこなければ……
「自分は英語は基礎力レベル」とはもう言わないでください!

《クイズ!》
「現在分詞」はある品詞とイコールなのですが、次の1~3のうちどれ?
1.名詞詞
2.形容詞
3.副詞

いかがですか?

正解は、2の形容詞です。
現在分詞は、big やpretty と同じように形容詞として名詞を修飾するのに使います。 「現在分詞って動詞のING 形でしょ?」とはみんな言えても、現在分詞が形容詞であることをサラっと言える人は実はそんなにいないんです。

あなたが英語を話せない理由がここにあります。

【使い方がわからない英文法は使えない!】

あなたが英語を話せないのは、こういった英文法の「本質」、つまり実際の文の中で“なんのために、どうやって使うか?”がちゃんとわかっていないからなんですね。
英文法のなんとなくの定義や形を知っていたって、使い方がわからなければ、それを使って話すことなんてできないんです。

もちろんTOEIC でも、本質がわかっているか?が試されます。

例えばこんな問題。
We will never forget the (   ) experience.
(A) excite (B) being excited (C)to excite (D) exciting

いかがでしょうか?

正解は、現在分詞の(D) exciting です。

カッコが定冠詞the と名詞experience の間にあるので、形容詞か名詞が入るはずです。でも、選択肢には名詞もbig やpretty のようなザ・形容詞もありませんね。
そんなときはたいてい、選択肢に「分詞(現在分詞-ing/ 過去分詞-ed)」が含まれています。これは、「分詞=形容詞であることをちゃんとわかっているか?」が試されているんですね。(残りの選択肢は文法的にこのカッコに入れることはできません!)

TOEIC はもちろん、英語を話すために必要な文法はほんの10 項目ほどです。
その10 項目の文法の「本質」を、“きっちり”と“早く”つかんでしまうことが英語を話せるようになるための近道です!


【筆者プロフィール】
保呂田友里(ホロタユリ)
慶応義塾大学商学部卒業 慶応義塾大学大学院商学研究科卒業。現在、元ライブドア社長 平松庚三のビジネスパートナーとしてGlobal instaBizをサポートする傍ら、「YURI式・“TOEIC力”と“英会話力”同時アップ法」で雑誌記事連載(光文社「女性自身」、企業内イントラネットなど)、講演会登壇、企業内研修などを行っている。
Official FaceBook:https://www.facebook.com/yurihorota
Official Twitter:https://twitter.com/YuriHorota


【監修】
濵崎潤之輔
大学・企業研修講師、書籍編集者
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
明海大学や獨協大学、ファーストリテイリングや楽天銀行、SCSK、エーザイなどの企業でTOEICテスト対策研修講師を務める。
これまでにTOEIC990点(満点)を30回以上取得。TOEICテスト対策合宿・セミナーなども開催。著書に、『TOEICテスト一発逆転 600点!』(KADOKAWA 中経出版)、『とにかく600点突破! TOEIC TEST 大特訓』(ベレ出版)、『新TOEICテスト990点攻略』(旺文社)、『このTOEICテスト本がすごい!』(中経出版)、共著書に『新TOEICテスト全力特急絶対ハイスコア』、『新TOEICテストドリーム特急全パート実戦対策』(朝日新聞出版)、『大学生のためのTOEICテスト入門』(コスモピア)、監修に『TOEICテスト実力養成600問』(語研)、『TOEICテスト英文法プラチナ講義』、『イラスト&ストーリーで忘れない TOEICテストボキャブラリープラチナ5000』」(ジャパンタイムズ)がある。

«前の記事へ |  記事・コラム一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます