記事・コラム

【連載コラム】

目からウロコな単語の覚え方

2015.09.09

保呂田友里

YURI 式とは“TOEIC 力”と“英会話力”を同時アップする方法です。
「TOEIC で英語は話せるようにならない」は誤解です。使い方次第で、こんなにも英会話力を身につけるのに“効率的”かつ“合理的”なものはないんです!
英語が苦手でも、英語のセンスなんてなくてもYURI 式なら大丈夫!

【ちょっと待って!その単語本、ほんとにダイジョウブ?!】

前回の連載では、単語はその“使い方”“発音”を覚えていなければ意味がない、というお話をしました。今回は、最も効率的で合理的な単語の覚え方のお話しをします。

…と、その前にあなたがお持ちの単語本、ほんとに“使える”単語本ですか?

書店で“人気”とされる単語本でも、私から見ると「えっ、これが書かれてないの?!」というものがけっこうあります。

単語力を効率的、効果的に身につけるためには、使う単語本もちゃんと選ばないとダメなんです!

単語本を選ぶ際は、必ずこの3つの情報があるものをセレクトするようにしてください!
(1)他動詞、自動詞の識別、(2)発音記号、(3)派生語(その単語の名詞形、副詞形など)

私がいつもオススメする単語本はこちらです。
単語のチョイスが良く、エキスパートの一言コメントもなにげにとっても参考になります。

■『新TOEIC テストスーパー英単語』ロバート・ヒルキ他著 1,600 円(税抜)

【単語の覚え方がわからない人必見!超効率的で合理的な単語の覚え方】

ではいよいよ、単語の覚え方をお教えします。

YURI 式は、

「英単語を見て5秒以内に日本語の意味が思い浮かぶか?をチェックする!」

…これだけです!
“単語を紙に書いて覚える”なんていうメンドくさくて大変なことはしません。
“例文”も今は無視して、気楽に最後までサクサク進めていってください。1つ1つに時
間をかけすぎた結果、挫折しては元も子もありませんからね!

このとき、以下の3つを同時に実行してください。
・ 動詞は「他動詞・自動詞」の識別(目的語をとるかどうか)を意識して覚える!
(1回で覚えられなくても“意識”していればそのうち覚えられます!これはその単語を使って話す上でも、TOEIC テストのパート5でも効果を発揮します。)
・ 発音記号で発音を認識する!
(発音記号がわからなければCD 音声などで発音を確認しましょう。)
・ 派生語(その単語の名詞形、副詞形など)も同時に覚える!

YURI 式では、覚えたか?の基準を“5秒以内にその単語の意味が思い浮かぶかどうか?”としています。これは、じ~っと考えないと思い浮かばない単語もまた、覚えていないのと一緒だからです!

単語ほど、覚えるほどに素直にTOEIC スコアアップにも英会話力にもつながるものはありません。わからなかったものにはチェックマークをつけて何回も繰り返しながら、まずは1冊を完全マスターしてみてください!

【筆者プロフィール】
保呂田友里(ホロタユリ)
慶応義塾大学商学部卒業 慶応義塾大学大学院商学研究科卒業。現在、元ライブドア社長 平松庚三のビジネスパートナーとしてGlobal instaBizをサポートする傍ら、「YURI式・“TOEIC力”と“英会話力”同時アップ法」で雑誌記事連載(光文社「女性自身」、企業内イントラネットなど)、講演会登壇、企業内研修などを行っている。
Official FaceBook:https://www.facebook.com/yurihorota
Official Twitter:https://twitter.com/YuriHorota


【監修】
濵崎潤之輔
大学・企業研修講師、書籍編集者
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
明海大学や獨協大学、ファーストリテイリングや楽天銀行、SCSK、エーザイなどの企業でTOEICテスト対策研修講師を務める。
これまでにTOEIC990点(満点)を30回以上取得。TOEICテスト対策合宿・セミナーなども開催。著書に、『TOEICテスト一発逆転 600点!』(KADOKAWA 中経出版)、『とにかく600点突破! TOEIC TEST 大特訓』(ベレ出版)、『新TOEICテスト990点攻略』(旺文社)、『このTOEICテスト本がすごい!』(中経出版)、共著書に『新TOEICテスト全力特急絶対ハイスコア』、『新TOEICテストドリーム特急全パート実戦対策』(朝日新聞出版)、『大学生のためのTOEICテスト入門』(コスモピア)、監修に『TOEICテスト実力養成600問』(語研)、『TOEICテスト英文法プラチナ講義』、『イラスト&ストーリーで忘れない TOEICテストボキャブラリープラチナ5000』」(ジャパンタイムズ)がある。

«前の記事へ |  記事・コラム一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます