記事・コラム

【連載コラム】

号外!TOEIC テストがついにリニューアル!(2016 年5 月29 日より実施)

2015.11.11

保呂田友里

YURI 式とは“TOEIC 力”と“英会話力”を同時アップする方法です。
「TOEIC で英語は話せるようにならない」は誤解です。使い方次第で、こんなにも英会話力を身につけるのに“効率的”かつ“合理的”なものはないんです!
英語が苦手でも、英語のセンスなんてなくてもYURI 式なら大丈夫!

【ついにTOEIC テストがリニューアル!】

「TOEIC で時間内に全問解ききれる人に備わっている“3つの力”」前篇に引き続いて、今回は後篇のはずでしたが……
今日はビッグニュースがあるので勝手ながら“号外”です!

去る11月5日、国際ビジネスコミュニケーション協会 (IIBC)からTOEIC テストのリニューアルが発表されたのをご存知ですか?

そうなんです、TOEIC が変わるんです!

リニューアルの詳しい内容は以下URL をご参照ください。
2006 年に一度問題形式をリニューアルしていますが、それ以来10年ぶりということになります。
http://www.toeic.or.jp/toeic/about/what/philosophy/philosophy_03/philosophy_03_02.html

スマホの普及によってSNS などの情報通信が多様化し、私たちの日常やビジネスでのコミュニケーションツールもどんどんと変化していますよね。
また、ちょっと前までは“TOEIC のスコア”が企業の昇進や採用条件として重視されていましたが、最近はめっきり“使える英語力”が求められるようになってきています。

私も今年8月まで、オンライン英会話ベンチャーの立ち上げをサポートする中で、いろんな企業の人事部の方々とお話をしてきましたが、この動きは本当に如実でした。
当時「TOEIC のスコアアップ法」を売りにしていた私としては、少々イヤ〜な傾向だなぁといつも思っていたわけですが(笑)。

そんなこんなで、今回のリニューアルは、こういった昨今の時代の流れ、ニーズに合った内容にしていこうという動きのようです。
なので、これから就職して社会で活躍していく学生の皆さんは、TOEIC のスコアだけじゃなくて、“使える英語力”を身につけていかないと後で後悔しますよ!

【リニューアル対応どうしよう……迷っていたらこう判断して!】

この新形式、来年5月のテストから実施です。
TOEIC を勉強されている皆さんは、今後リニューアルにどう対応しようか悩ましいところですよね?

そういうときは、目的によって判断します。

(1)これから“TOEIC スコア”が必要な方

そうはいってもTOEIC スコアが一定の英語力の指標になることに変わりはありません。
ですので、これから社会に出て行く学生の皆さんなど、TOEIC スコアが英語力の指標として必要な方は、必要になりそうな時期によってリニューアルに対応した勉強に切り替えるかどうかを決めてみてください。

(2)TOEIC スコアより“英語を話せるようになること”のほうが重要な方

TOEIC のスコアをどこかで使いたいわけではなく、「英語を使えるようになる」「ビジネス英語を話せるようになる」ことが目的の方は、リニューアル対応は不要です!
YURI 式では、「TOEIC 教材、ノウハウを利用した日本人に最も効率的な英会話力アップ法」を提唱していますが、現状のTOEIC 教材で必要なものはすべて網羅できていますから。

でも、リニューアル対応っていうとちょっと大げさな気がします。
だって、英語力、英会話力を身につけるために根本的に必要なものは、テスト形式が変わろうと不変ですから。
スコアがとりたければ、そこに新形式用の戦略と対策をプラスする。……それだけ!

次回は、「TOEIC で時間内に全問解ききれる人に備わっている“3つの力”」後篇をお伝えします。“筋肉バカになってはいけない!”がキーワードです。


【筆者プロフィール】
保呂田友里(ホロタユリ)
慶応義塾大学商学部卒業 慶応義塾大学大学院商学研究科卒業。現在、元ライブドア社長 平松庚三のビジネスパートナーとしてGlobal instaBizをサポートする傍ら、「YURI式・“TOEIC力”と“英会話力”同時アップ法」で雑誌記事連載(光文社「女性自身」、企業内イントラネットなど)、講演会登壇、企業内研修などを行っている。
Official FaceBook:https://www.facebook.com/yurihorota
Official Twitter:https://twitter.com/YuriHorota


【監修】
濵崎潤之輔
大学・企業研修講師、書籍編集者
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
明海大学や獨協大学、ファーストリテイリングや楽天銀行、SCSK、エーザイなどの企業でTOEICテスト対策研修講師を務める。
これまでにTOEIC990点(満点)を30回以上取得。TOEICテスト対策合宿・セミナーなども開催。著書に、『TOEICテスト一発逆転 600点!』(KADOKAWA 中経出版)、『とにかく600点突破! TOEIC TEST 大特訓』(ベレ出版)、『新TOEICテスト990点攻略』(旺文社)、『このTOEICテスト本がすごい!』(中経出版)、共著書に『新TOEICテスト全力特急絶対ハイスコア』、『新TOEICテストドリーム特急全パート実戦対策』(朝日新聞出版)、『大学生のためのTOEICテスト入門』(コスモピア)、監修に『TOEICテスト実力養成600問』(語研)、『TOEICテスト英文法プラチナ講義』、『イラスト&ストーリーで忘れない TOEICテストボキャブラリープラチナ5000』」(ジャパンタイムズ)がある。

«前の記事へ |  記事・コラム一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます