記事・コラム

【連載コラム】

TOEIC で時間内に全問解ききれる人に備わっている“3つの力” 【中篇】

2015.11.25

保呂田友里

YURI 式とは“TOEIC 力”と“英会話力”を同時アップする方法です。
「TOEIC で英語は話せるようにならない」は誤解です。使い方次第で、こんなにも英会話力を身につけるのに“効率的”かつ“合理的”なものはないんです!
英語が苦手でも、英語のセンスなんてなくてもYURI 式なら大丈夫!

【“筋肉バカ”になってはいけない!】

前回はTOEIC リニューアルについての号外を挟んでしまいましたが、 “TOEIC で全問解き切るために必要な3つの力”のお話しに戻ります。

前篇では、誰もが認めたくない “本当の基礎力の不足” についてお話ししました。 この“本当の基礎力”は、すべての英語力の根源ですので、絶対身につけなければいけません。でも、これだけではとりあえず筋トレしてマッチョになっている、という状態。

いろんなスポーツに対応できる体の基礎はできていても、なにか特定の“スポーツ力”を上げたいときは、そのスポーツに適した実用的な筋肉をつけないとダメですよね。

それと一緒。
「TOEIC でハイスコアを取る」ためには、その“本当の基礎力”を正解に結びつけ る“解答力”がなければいけません。

マッチョは実際かっこいいですけれど(笑)、 “筋肉バカ”にはなっちゃいけないんです!

【全問解き切るために必要な力:その2「知識を正解に結びつける“解答力”」】

知識を正解に結びつける“解答力”を身につける唯一の方法。
それは、「精解法」と私が呼んでいる方法です。

スコアの上がらない人の特徴として、問題を解くときに“正解できたかどうか?” に一喜一憂するのに一生懸命で、その後のことをおろそかにしてしまっている、とい うのがあります。

これでは問題を解く意味がありません!
本番で正解することが目的なのであって、今正解できるかどうか?はどうでもいいんです。
下記の超オススメ問題集を使って、「なんでこれが正解なの?これが不正解なの?」と いう“正解・不正解ロジック”を、時間を気にせずじっくりと理解していってくだ さい。

■ 800 点以上の方はこれだけでOK!
新TOEIC TEST 900 点特急パート5 & 6 加藤優(著)821 円(税込、以下同)

■ 800 点未満の方はこちらからやってみてください!
1駅1題 新TOEIC TEST 文法特急 花田徹也(著)821 円
新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編 花田徹也(著)821 円

必要な論点はこの問題集で全部カバーできますから、安心してとにかくじっくりと!

「じっくりと、って言ったって、時間内に解く練習しなきゃいけないじゃん」って不安で すよね。大丈夫、時間をかけてロジックを叩き込めば、問題の論点を瞬時に察知して、 素早く正解を導くことができるようになってきますから。

一度じっくり理解してしまえば、この先スピーキングにも大いに役立つんですよ!

次回はいよいよ3つ目の力。
「He is easy to forget.」……この英文の意味わかるかどうか、が3つ目の力のポイント。 楽勝と思ったそこのアナタ、本当に楽勝ですか?


【筆者プロフィール】
保呂田友里 / Yuri Horota
慶応大学・慶応大学院卒。DeLQ it. LLC[デルクイ]CEO 兼CFO。
大学卒業後、国際会計事務所にて外資系事業会社のアカウンティング業務を担当。その後、オンライン英会話のベンチャー企業のビジネス立ち上げサポートを経て、2015 年8月に起業。「YURI 式・英語学習法」(=非帰国子女が最も効率的に英語を話せるようになる方法など)では、雑誌コラム執筆(光文社雑誌「女性自身」、レアジョブ「English Path」、企業内イントラネットなど)、講演会登壇、企業研修、英文法オンラインレッスンなどを行う。
Official FaceBook:https://www.facebook.com/yurihorota
Official Twitter:https://twitter.com/YuriHorota

【監修】
濵崎潤之輔
大学・企業研修講師、書籍編集者
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
明海大学や獨協大学、ファーストリテイリングや楽天銀行、SCSK、エーザイなどの企業でTOEICテスト対策研修講師を務める。
これまでにTOEIC990点(満点)を30回以上取得。TOEICテスト対策合宿・セミナーなども開催。著書に、『TOEICテスト一発逆転 600点!』(KADOKAWA 中経出版)、『とにかく600点突破! TOEIC TEST 大特訓』(ベレ出版)、『新TOEICテスト990点攻略』(旺文社)、『このTOEICテスト本がすごい!』(中経出版)、共著書に『新TOEICテスト全力特急絶対ハイスコア』、『新TOEICテストドリーム特急全パート実戦対策』(朝日新聞出版)、『大学生のためのTOEICテスト入門』(コスモピア)、監修に『TOEICテスト実力養成600問』(語研)、『TOEICテスト英文法プラチナ講義』、『イラスト&ストーリーで忘れない TOEICテストボキャブラリープラチナ5000』」(ジャパンタイムズ)がある。

«前の記事へ |  記事・コラム一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます