記事・コラム

【お役立ち情報】

ユニークな英語の授業を拝見!

2010.10.13

ユニークな英語の授業を拝見!

佼成学園女子中学・高等学校(進学コース 2年)

オーラルの授業は生徒の主体的なコミュニケーションがあってこそ!
今回は、実践的な英語教育を行う佼成学園女子高等学校のオーラル・コミュニケーションのクラスを拝見。
ネイティブの先生と日本人の先生が協力して行う、"活気"と"やる気"に満ちた授業風景をレポートします。

先生の質問にも明るく即答!英語での返事がクセになる

授業風景

英語教育の重要性にいち早く着目し、"使える英語"を身につけるためのオリジナルカリキュラムを実践してきた佼成学園女子中学・高等学校。年に二回、全校で英検取得に取り組む「英検まつり」や、英語以外の教科をネイティブの先生が指導する「イマージョン教育」(中等部)など、英語にたっぷりと浸かれる教育環境が整っています。

今回授業を見せてくれたのは、進学コースの二年生。ネイティブの先生と日本人の先生が一緒に指導にあたる週二回のオーラル授業です。クラスを半分に分けているため一クラス当たり同時に四人の先生が担当し、徹底的な少人数教育を行っているのが特長。先生と生徒の距離が近く、まさに寝ている暇もないのだとか。

そんな授業の雰囲気はとにかく明るい。この日は年明け最初ということもあり、お正月ついての話題で盛り上がっていました。年末年始の過ごし方や、日本とアメリカの違い、新年の目標など、ネイティブの先生が矢継ぎ早に質問を投げかける一方で、生徒はなんとか答えを出そうと、文章にならずとも、イディオムや単語で即答。その速さと元気のよさには驚いてしまうほど。

「実は最初のころは、生徒たちもなかなか英語を発声してくれませんでした。ですが、ネイティブの先生の親しみやすさもあったのでしょう。だんだんと生徒が答えを出そうとするようになり、今では先生との会話がきちんと成り立つようになりました。」と、今回授業を担当した藤村由利先生はおっしゃいます。「授業では私たちも極力日本語を使いません。英語だけで理解できたことが生徒の自信につながりますし、たとえ分からなくても"気持ちのコミュニケーション"が大切だと実感してほしいんです。」

アクティブな授業の秘密は先生たちの企画力にあり!

授業風景

生徒を授業に惹き付けるためには、教師の努力とアイデアが不可欠。そこでこの授業のために、生徒が思わず頑張りたくなる楽しい課題を用意したそう。例えば二学期中に行ったCM作りでは、まずネイティブの先生たちが本格的かつ面白い見本を作ることで、生徒の気持ちも盛り上がり積極的に授業に取り組んだといいます。

「CM製作の課題は、生徒が真剣に取り組む好事例でした。ネイティブの先生は皆そのような多彩な教育ノウハウやコミュニケーション方法を持っています。それを存分に活かせるような場所を作り、指導にあたってもらうのが、授業の質や英語力アップにつながるのではないでしょうか。(英語科主任・藤澤由美子先生)」

このような充実した教育環境なら、生徒もさらなるステップアップが図れること、間違いありません。

生徒が喜ぶ楽しい課題

●CM作り
映像制作が楽しいグループワーク。ネイティブの先生によるデモテープが好評で、生徒もやる気に!

●紙芝居作り
日本の昔話をテーマに、英語で作る紙芝居。日本文化を理解し、世界に発信するための訓練にもなります。

クラスを2つに分ける少人数制教育

teamA

アイデアを駆使して生徒が楽しめる授業を
英語の発音を恥ずかしいと感じる生徒もいるので、ゲームや制作課題などでリラックスできる環境作りを。録画できるビデオ発表はおすすめです。(セドリック・メンデルソン先生)

ネイティブの先生と協力して授業作り
ネイティブの先生は全部で6人。様々な意見交換をしてよりよい授業を目指します。こまめなミーティングは不可欠ですね。(藤村由利先生)

授業風景

teamB

先生の組合わせはフレキシブルに変更!
私はイギリス、セドリック先生はアメリカ出身。先生やクラスの組合わせを変えて、英米どちらの発音も万遍なく聞けるチャンスを作ります。(クレア・マリー先生)

習熟度をみる個別のスピーキングテストも
学期毎に、スピーキングが目標レベルに達しているか個別テストを行います。だからこそ普段の授業も気を抜けません。

授業風景

英語漬けの毎日で"使える英語"を身につけさせる

英検まつり
年に2回、全校を挙げて実施する英語検定対策。試験2週間前から毎朝25分を「英単語チャレンジ」の時間に充て、英語教師が作成した英単語や英熟語のチェックに取り組みます。希望者には、放課後に英検対策講座も。全校生徒の約半分が準2級以上を受検し、実績を伸ばしています。

イマージョン教育
中等部で行っているイマージョン教育は、英語の授業以外に美術、音楽、体育、コンピュータといった技能4教科を、英語で指導するというもの。ネイティブの先生と専門の先生が協力して授業を進めます。英語にふれる機会をできるだけ多くとり、自然に英語の発音やリズムが身につくように工夫しています。

取材協力/佼成学園女子中学・高等学校(東京都世田谷区)http://www.girls.kosei.ac.jp/

[Vol.2 2009春号掲載]

«前の記事へ |  記事・コラム一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます