教育ニュース

【イベント告知】

2012 国際シンポジウム「グローバル化時代に大学入学者選抜の未来を考える」

2012.10.19 16:48

独立行政法人 大学入試センター 入学者選抜研究機構は、国際シンポジウム「グローバル化時代に大学入学者選抜の未来を考える-日本の21世紀ビジョンと高等教育マスタープランの策定-」を11月18日に開催する。
今回のシンポジウムは米国カリフォルニア州高等教育計画を取り上げ、基調講演、4つの講演からなる。
日本が21世紀高等教育マスタープランを策定するとすれば、その要点は何であるのか。高大接続、大学入学者選抜をキーワードとしながら考える。

【概要】
日時:2012年11月18日(日)13:00〜17:10
会場:有楽町朝日ホール
東京都千代田区有楽町2?5?1 有楽町マリオン11階

【講演案内】
・カリフォルニアの高等教育 ?過去50年の総括と未来への展望
Dr.John Douglass(ジョン・ダグラス)
カリフォルニア大学バークレー校高等教育研究所上級研究員
・カリフォルニアのコミュニティカレッジ ?ビジョン、過去、現在、そして未来へ
Dr. Jack Scott(ジャック・スコット)
カリフォルニア州コミュニティカレッジ・システム総長
・我が国の戦後高等教育の総括とマスタープランの可能性
佐藤 禎一 氏(国際医療福祉大学院教授、元文部事務次官、元ユネスコ日本政府代表部特命全権大使)
・21世紀、日本の高等教育の構想(大学改革ワーキングチームの基本構想)
鈴木 寛 氏(参議院議員、元文部科学副大臣)

【詳細・申込み】
http://www.dnc.ac.jp/modules/research/content0057.html

blog comments powered by Disqus

«前の記事へ |  教育ニュース  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます