教育ニュース

【イベント告知】

Oxford Day 2018~ Global and Local Trends in Language Education~開催予定

2018.09.27 10:42


【来日講演】
ベストセラー英文法書著者マイケル・スワン、言語学研究者キャサリン・ウォルターが登壇
英語教育をめぐるフォーラムイベントOxford Day 2018が開催されます。

oxfordday1.jpg

【Global and Local Trends in Language Educationとは?】
Oxford Day は、英語教育関係者、研究者、大学生、大学院生の皆様を対象とした、毎年恒例のフォーラムイベントです。今年も、第一線で活躍する国内外の専門家が一堂に会し、プレゼンテーションを通して語学教育の現状を検証し課題解決のヒントを示します。プログラム終了後には懇親会も予定しております。専門家との交流や教育業界の情報交換の場として、この機会をぜひご利用ください。

〜今年のOxford Day では以下のトピックを取り上げる予定です〜

国内外の語学教育に影響を及ぼす新たな潮流とは?
語学学習における正確性はどの程度追求したらよいのか?
効果的な指導と学習のために、教師はどのような専門能力を養うべきか?

【開催概要
■開催日: 2018年10月21日(日)
■会場: 慶應義塾大学 三田キャンパス
■参加費: 税込1,000円
(学生無料。入場の際に学生証の提示が必要です)
■主催:オックスフォード大学出版局
■共催:慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート
■後援:駐日英国大使館

【基調講演・特別講演】
-マイケル・スワン(教材執筆者・講演者/『Practical English Usage』著者/『Oxford English Grammar Course』共著者)
oxfordday2.jpg

-キャサリン・ウォルター (オックスフォード大学リナカーカレッジ 名誉フェロー/『Oxford English Grammar Course』共著者)

【講演
-金子 晋丈(慶應義塾大学 理工学部情報工学科 専任講師)
-ジョージ・クマザワ(昭和女子大学附属昭和小学校)
-ジョン・C・マーハ(国際基督教大学 社会・文化・メディアデパートメント 教授(言語学))
-関 典明(成城学園参与・学園長付)
-塚本 裕之(静岡県総合教育センター 教育主査)
-渡部 葉子(慶應義塾大学 アート・センター 教授/キュレーター)

■プログラムの詳細および事前予約は特設サイトで。

【お問い合わせ】
本件についての詳細、イベント当日の取材については、以下までお問い合わせください。

オックスフォード大学出版局
マーケティング部 イェイドン
Email: newsletter.japan@oup.com


blog comments powered by Disqus

«前の記事へ |  教育ニュース  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます