編集長ノート

日本の英語教育批判はもはや聞き飽きた感がある。

たとえばTOEIC批判。
「TOEICでは本当の英語力が計れない」「点数が高くても英語を話せない」などはよく聞く批判だ。
しかしTOEICのための勉強など無駄」とまで言って、学習者の意欲をそぐ必要がどこにあるのか。

楽天やユニクロの社内公用語の英語化への批判も同様。
「日本にいるのに必要ない」「英語にしたら仕事効率が悪い」など、なぜその会社に関係ない人たちまでが批判をするのか?
少なくとも、何もしないままグローバル化に戦々恐々としているだけの企業よりも評価に値すると思うのだが。

学校の英語教育への批判も同様だ。
日本人が英語が苦手なのは「受験が悪い」「学校の教育が悪い」日本人はコミュニケーションが苦手だから「英会話」が必要だ。
「語彙力」が必要だ。
「英文法」をしっかりやるべきだ......。

次から次へと批判の対象が出てくる。
これでは英語学習者を混乱させるだけだ。

日本はここ何十年も英語レベルが変わっていない。
TOEFLテストの平均スコアでは、他のアジアの国々がスコアを伸ばすなか、日本は最下位だ。

批判しているヒマがあったら、何か具体的な策を講じるべきではないか。

最近話題の「グロービッシュ」は一つの突破口になるのではと思っている。
「グロービッシュ」とは、使用頻度の高い1500単語と標準的な文法のみの英語のことで、非ネイティブでもなんとか英語でコミュニケーションできる英語術として注目されている。

グロービッシュはあくまで「基本的な意思疎通」のための最低限のスキルではあるが、少なくとも受験英語から脱却する最初の一歩にはなるはずだ。

編集長プロフィール

天野智之

天野智之

15歳で単身ニュージーランドの高校へ留学。高校卒業後に渡米、カリフォルニア州立大学で学位を取得。その後日本へ帰国し、会社員を経て起業。
「海外から見た日本の教育」という視点で日本の教育制度にもの申す!

blog comments powered by Disqus

«前の記事へ |  編集長ノート一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます