編集長ノート

留学経験のある私に対してよく「英語ができてグローバルでいいなー」と羨ましがる人がいる。
まさにこの思考こそが日本のグローバル化にブレーキをかけている一因だと私は思っている。

私自身も留学に行く前はそうだったが、「英語さえできれば何でもできる」というような幻想を抱いている日本人は多いと思う。
「英語ができればコミュニケーションも上手」「英語が出来れば仕事でも活躍できる」というように、英語に対して過剰な期待を頂いる人が皆さんの周りにもいないだろうか?
アメリカ人でも口下手な人や、他人と接することが苦手な人もいる。英語が出来るからと言って決してコミュニケーション上手だとは限らない。
それに、英語ができる人が仕事優秀だったら、英語ネイティブの国の人は全員優秀なビジネスパーソンになってしまう。そんなことはありえない。

なぜか感情的に「英語が出来る」=「優秀、かっこいい」みたいな方程式を植え付けられてしまっているような気がする。
これは日本の教育の中で、アメリカや欧米圏への憧れを抱かせるような事があふれているからなのだろうか?

私が中学生の時にこんなことがあった。
私の通っていた中学校にはALTの先生が毎年1名来ていた。
ある年の文化祭で、当時ALTで来ていたアメリカ人の男性の先生が、文化祭の始まりの挨拶を英語で話した。その冒頭で「Ladies and Gentlemen!」とその先生が一言発した瞬間に全校生徒が「おおお!!!」と盛り上がったあの時の衝撃を今でも覚えている。
みんなが「本物だ!」「かっこいい!」と叫んで興奮していたが、今思うと何が「本物」なのだろう。。。
彼は英語ネイティブではあるが、司会者でも芸能人でもない一般的なアメリカ人男性だ。
しかし、テレビで見るようなセリフを英語ネイティブの人が話したということが、日本の片田舎の中学生にはとてつもなくかっこいい事のように思えたのだろう。

今後さらにグローバル化が加速する中で、英語は「憧れる」ものではなく「あたりまえ」なものになっていかなければいけない。
先ずはその意識を変えることがグローバル化への一歩に繋がるのだ。
しかし「グローバル化」という言葉に対しても幻想を頂いている人が多いように感じる。

次回はグローバル化について話をしよう。

編集長プロフィール

天野智之

天野智之

15歳で単身ニュージーランドの高校へ留学。高校卒業後に渡米、カリフォルニア州立大学で学位を取得。その後日本へ帰国し、会社員を経て起業。
「海外から見た日本の教育」という視点で日本の教育制度にもの申す!

blog comments powered by Disqus

«前の記事へ |  編集長ノート一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます