特集

吉村英毅

オンライン旅行業と、ベトナムでのオフショア開発事業で急速に成長している株式会社エボラブルアジアの代表取締役吉村英毅氏に話を伺った。

学生起業から海外へ進出する企業にまで成長

-旅行事業とオフショア開発事業という二つの違う事業を行っているとのことですが、事業立ち上げの経緯を教えてください

吉村:私は大学3年生の時に起業をしました。起業当時は営業企画など様々なことを行っていたのですが、オンライン旅行業の仕事と出会い、その後現在当社の会長の大石と共同でオンライン旅行業の株式会社旅キャピタルを創業しました。
オフショア開発事業は2012年にベトナムにエボラブルアジアという名前の子会社を立ち上げて、自社のオンライン旅行業のシステム開発をオフショアに移したことがキッカケです。 事業が拡大し、より多くの技術者が必要となってきた時、日本国内でスキルのある技術者を多数雇うことの難しさに直面しました。
システム開発の需要は伸びていて、日本国内で技術者は不足しています。安価で優秀な人材を多く雇うことができるオフショア開発で自社のシステムを開発するほうが良いと判断したのです。
実際に自社でオフショア開発を経験し、自社だけでなく他社のシステム開発のお手伝いもできると感じ、他社の開発も請負始めたのです。

-進出先としてベトナムを選んだ理由は?

吉村: ITの即戦力がより安価に採用できる国だからこそ事業メリットがあると判断したからです。ベトナムには即戦力として活躍できる人材がたくさんいます。
ベトナムではホーチミンに始まり、ハノイ、そしてダナンにも開発拠点を広げているのですが、今後ベトナム以外の国にも進出する場合には、ミャンマーやバングラデシュなど、ベトナムよりも安価な人件費で即戦力を雇える国を選んで進出していくことになるでしょう。

未成熟市場で成長を続ける

-ベトナムに進出するにあたり、苦労したことなどはありますか?

吉村:ベトナムでの事業は立ち上げからずっと順調に成長しています。
現在、現地の開発スタッフは約500名おり、今年中に1,000名まで増やす予定です。その後3年後には5,000名、5年後には10,000名体制まで増やしていく予定です。
弊社の事業がうまくいっている理由としては3つ挙げられます。
1つは前述したように、システム開発の需要が高まっているということです。スマートフォン関連やゲーム関連が活性化する中でさらに今後開発需要は高まるでしょう。
2つ目は現地でのマネジメント体制の強さにあります。積極的に現地の女性スタッフを幹部登用するなど、強いマネジメント体制を作っています。日本国内からベトナムをコントロールするというのは現実的ではありません。現場でコントロールできる体制を作ることが重要です。
3つ目は「ラボ型」という弊社サービスの特徴にあります。
システム開発の案件は受託開発という形で、クライアントから開発の依頼を受けて開発を行うのですが開発中のプロセスはクライアントから見えないブラックボックスになっている場合がほとんどです。開発途中が見えないとトラブルになるケースも多いため、我々は「ラボ型」サービスでクライアント専属のエンジニアチームを組成し、クライアントが直接開発指示を出せるようにしています。
開発プロセスがオープンになることで、より円滑に開発を進めることが可能になるのです。

-システム開発の業界全体として、オフショア開発が活発になっているのですか?

吉村:実は日本ではまだまだオフショア開発事業が未成熟です。
日本全体で、システム開発の市場は約10兆円あるといわれていますが、その中でオフショア開発はまだ1000億程度。さらにその7割が中国で開発されていると言われています。
しかし、ヨーロッパと北米を合わせた欧米圏では、約100兆円の開発市場があり、その1割の約10兆円がオフショア開発だといわれています。日本と規模が違う。
日本はこれから欧米の後を追ってオフショア市場が成長していくでしょう。
さらに、現在中国に集中しているものが、より東南アジアへシフトしていくことも考えると、まだまだ伸びしろの大きい成長市場だと言えます。

成長なければチャンスはない!

-御社の今後の目標は?

吉村:インドでは技術者を30万人以上抱えるような、急成長している大きなシステム開発会社がいくつかあります。
インド以外のアジア圏で弊社もインドに続く大きな開発市場を築いていきたいと考えています。

-グローバルに成長する御社内で、グローバル人材育成などはどのように行っていますか?

吉村:ベトナム現地では、日本語教師を雇って日本語教育を提供したり、IT技術に特化した日本語検定を受験できるようにするなど様々なサポートを提供しています。
しかし一番重要なことは会社が成長していることだと考えています。

中小企業でも大企業でも成長している会社は常に新しい仕事・チャンスに溢れています。それだけ自分自身も成長できる環境にあるというのは社員にとっても幸せなことだと思います。
逆に、会社の規模にかかわらず成長していない会社では社員の成長もありません。会社が成長していないということはきっと明日も来月も来年も同じ仕事をやることになるでしょうし、新しいことにチャレンジするようなチャンスが無い。結果として社員を成長させる機会を奪ってしまっているのです。
企業と共に社員が成長できる環境が理想なのだと考えます。



吉村英毅

吉村英毅(よしむらひでき)さん
株式会社エボラブル アジア 代表取締役 

東京大学経済学部経営学科卒業 経営管理と金融工学を専攻。
大学在学中に株式会社Valcom(2009年10月株式会社旅キャピタルに吸収合併)を創業。
2007年 株式会社旅キャピタルを共同創業し、当社代表取締役社長に就任。
2012年に株式会社エボラブル アジアに改名。

«前の記事へ |  特集一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます