特集

Voyagin

自らを「旅行体験のフリーマーケット」と称し、ユニークな現地体験を探せるサービスVoyagin。旅行中の「忘れられないような素敵な体験」を提供するVoyaginのCEO高橋理志さんに話を伺った。

ガイドブックに載っていない刺激的な旅行がオモシロい

-旅行体験のフリーマーケットとの事ですが、Voyaginというサービスについて教えて下さい。

高橋: Voyaginは現地の人と旅行者を繋げるマッチングサービスのようなものです。
旅行ガイドや、旅行代理店のカウンターで紹介されているような一般的な旅ではなく、もっとマニアックな旅を見つけることができるサービスです。

-Voyaginを立ち上げたキッカケは?

高橋:学生時代にアジアや南米など様々な国を旅しました。最初はツアーなどに参加し、慣れてくると段々と1人で旅行するようになっていきました。
旅をすればするほど刺激的な体験がしたくて、ガイドブックに載っていないような場所を訪れたり、行き当たりばったりで色々な経験をすることの楽しさを覚えました。
しかし、刺激的な体験であるほど、リスクも伴いますので、ハイリスクハイリターンな体験と言えます。
私はそんな刺激的な体験のリスクを減らして、より多くの人にオモシロい体験をして頂きたいという願いでVoyaginを立ち上げて、個人のツアーガイドと旅行者を繋げるプラットフォームを作りました。

自分の直感を信じることで道は開ける

-学生時代の旅行経験が起業のキッカケとの事ですが、ずっと旅行関係のお仕事をされているのでしょうか?

高橋:ビジネス経験が無くてはビジネスが出来ないと思い、新卒でコンサルティング会社に入り、経営コンサルティングをしていました。
当時はとにかく仕事だけで、海外とは一切関係の無い仕事をしていたのですが、その会社を辞めて2ヶ月ほど海外を放浪したことが人生のターニングポイントになりました。
会社を辞めてからインドに旅行に行ったら、何故かインドでタイ式マッサージを学ぶことになったり、3年もの間瞑想をしていたアメリカ人と出会って意気投合したり、その後タイに渡ってタイでマッサージの学校に通ってマッサージの資格を取得したりとにかく場当たり的にたくさんの経験をしました(笑)
そして気づいたのは「自分の直感を信じて行動すれば道は開ける」という事です。
新しいことにチャレンジして、小さな成功体験を重ねることで「一歩踏み出す勇気」と「自信」を身に付けたのだと思います。
帰国後に友人の立ち上げたベンチャー企業に参画し、2011年にVoyaginを創業しました。

-学生時代からやりたいと思っていたことが実現できたのですね。

高橋:学生時代のぼんやりとした夢が具体的になってきたのは、Voyaginを創業する2年くらい前からです。
当時私はAirbnb(エアビーアンドビー)という、旅人が宿泊&交流できるサービスのホストをやっていました。自分の家を開放して旅行者を受け入れるのですが、当時はまだAirbnbの利用者は日本に少なく、私は2年間ほど人気ナンバー1で毎日のように外国人客が私の家に宿泊していましたよ。

能力をつけないと生き残れない時代

-昨年、訪日外国人旅行者が1000万人を超えるなど観光が盛り上がっていますね。

高橋:食べ物やサービス、伝統文化など日本にはとても魅力的な資産がたくさんあります。しかしその資産を活用しなければ意味がありません。
どのように資産を活用し、今後どうするのか?もっと考えなければいけません。

-資産を効率的に活用するにはどうするべきでしょうか?

高橋:日本は世界のことを知らな過ぎます。世界で何が起きているのか、もっと目を向けていかないと衰退するのみです。
日本は外国と「一緒に何かする」というのが少ないように感じます。少子化が進んでいて現役層を増やさなければいけないと認識していても移民政策は遅々として進まない。
もっと外国と連携して、より良い環境を作っていくべきです。特にアジア各国とはもっと連携を深めるべきですね。

-外国と連携する為にはもっと多くの人が海外を知り、海外経験を積むことが重要になりますね。

高橋:必ずしも日本人全員が海外にでる必要はありませんが、会社が守ってくれる時代はもう終わりました。グローバル化する世の中では、個々が能力を高めないと生き残れないのです。



高橋理志

高橋理志(たかはし まさし)さん
エンターテイメント・キック株式会社 代表取締役

慶應義塾大学総合政策学部卒業。A.T.カーニーを経て2008年に大学の同級生が設立したコーチ・ユナイテッド株式会社で「Cyta.jp(咲いた.jp)」立ち上げに携わる。
2011年にエンターテイメント・キック株式会社設立。100人以上の旅行者に自宅をホームステイ先として提供してきた経験をもとに、2011年6月に「FindJPN(現Voyagin)」を開設。

ご紹介者




太田英基

【高橋社長をご紹介頂いたのはこの方】
太田英基(おおた ひでき)さん
株式会社スクールウィズ 代表取締役 
太田社長の記事はコチラ

«前の記事へ |  特集一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます