特集

日本人が教える英語だからこその学習メリットを最大限活用

TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)とは、英語を母国語としない人たち向けの英語教授法のこと。
日本でも質の高い英語教師へのニーズが高まり、最近TESOLが注目されています。
キンジローでは、TESOLを履修した現職の英語教師の方に、履修のきっかけや履修後の変化などをお聞きしました。

シリーズ第3回目にご登場いただくのは、茨城県立水海道第一高等学校の英語教諭、柳田眞由乃先生です。

自分が納得できるスキルを身に付けてから教壇に立ちたい

天野:英語教師を目指されたきっかけは何でしょうか?

柳田:家族が教師という環境で育ったため、幼い頃から私も教師になりたいと思っていました。
「英語を教えたい」と思い始めたのは、小学生の時に出会った英語塾の先生のおかげです。
留学経験のある先生は、「英語学習」は言語を学ぶだけではない、文化や世界を知ることだと教えてくれました。
私と世界をつなげるもの、その手段としての「英語」なのだと何となく思っていたような気がします。
今もその気持ちは私の中に残っていますし、あの先生に言語を学ぶことの本質を教えて頂いたのだと思います。

天野:早い時期から英語教師を目指されていたのですね。
そうするとその後の進路は全て英語教師を目指して進まれたのですか?

柳田:教員免許を取得するために、神田外語大学に入学したのですが、自分の英語力をもっと高めたいと思い、休学してオーストラリアのブリスベンにある語学学校に1年留学しました。

天野:英語教師の語学力の良し悪しについて良く耳にすることがありますが、留学経験を活かして英語教員になったのですね。

柳田:実は大学卒業後、教員になる前に再度留学して、オーストラリアの大学院でTESOL(英語教授法)を履修してから教員になりました。
休学から戻ってきて受けたSLA(第2言語習得)の授業で、英語教師になるためにはもっと理論を学んで英語指導者としてのスキルをあげなければいけないと思い大学院でTESOLを学ぶことを決意しました。

天野:海外の大学院は、入学に際して社会人経験なども求められると思うのですが、オーストラリアを選んだ理由などは何かあるのでしょうか?

柳田:教師としての経験は求められました。
私は塾の講師などもしていたので、それらの経験をアピールして大学院に入学することはできましたが、実際にTESOLを履修している人たちのほとんどは現職の教師の方で、実践経験が無いのは私くらいでした(笑)
オーストラリアを選んだ理由は、大学の先生に相談をしたところ、理論を学ぶならオーストラリアやイギリスの大学院が良いと進められたからです。
オーストラリアには1年語学留学もしていたのと、1年で修士課程を修了できるということもありオーストラリアに決めました。

教師生活の日々が学びの場

天野:TESOLではどのようなことを学ばれたのでしょうか?

柳田:例えばTeaching English for Academic Purpose, Language Teaching and Evaluation, Second Language Acquisition, Context Use Analysisなど、英語教授に関する事項を様々な視点から学びました。

天野:TESOLで出される課題など、具体的な内容などのようなものなのでしょうか?

柳田:例えばContext Use Analysisという授業では、実際に非英語圏の人たちが書いたエッセイを読んで、その言語学習者のエラー傾向を分析し、「なぜそのような間違いをするのか」「何をどこまで理解しているのか」「どのような指導・手助けが必要なのか」について考察する課題がありました。
実際に、高校で指導している日々の中で、生徒のアウトプットから学ぶことは無限大です。学習者にとって必要なことを考えるきっかけになるだけではなく、自分の指導を振り返るきっかけにもなるのです。

天野:TESOLで学んだことが実際の教育現場で役立っているということですね。

柳田:まだ学んだ知識の5%も活かせていないと思います。
同じ授業を行っても、クラスによって反応や成果がまるで違うということがあります。
日々実践の中で学びながら、TESOLで学んだ知識も活かしていきたいです。

天野:教師も日々学び続ける姿勢が大事だと思います。
TESOL留学をして印象に残っていることはありますか?

柳田:TESOLを履修しているアジア人の多さに驚きました。
TESOLは非英語圏の人だけでなく、現地の英語教師なども受講するコースなのですが、韓国や中国から学びに来ている人が凄く多かったです。
それに比べて日本人はほとんどいなかったです。
韓国や中国の英語熱の高さには驚かされました。

日本人の英語教師だからこそ教えられることがある

天野:新学習指導要領で全て英語で授業を行うことについては何か準備をされていますか?

柳田:まだ具体的な準備はしていないですが、効果的に英語を使って授業を行いたいと思っています。
「英語だけで教える」ということばかりに重点が置かれているように感じますが、それよりも「英語に興味をもつ」「わかる」授業のほうが大切だと思っています。
日本人英語教師ですから、その長所を最大限に生かし、ネイティブにはできない英語の授業を行っていきたいです。

天野:オールイングリッシュの授業に対する生徒の反応はありますか?

柳田:「受験にスピーキングは必要ない」と思っている生徒ももちろんいますし、無理に英語だけで授業を行うことに疑問をもっている保護者の方がいらっしゃることも事実です。
ですが実際は、これから英語の授業が英語だけで行われるということにまだピンときていない子達も多いのではないでしょうか。
私は日本語がわかる日本人の教師だからこそ、微妙なニュアンスなどを教えることができるメリットがあると思いますので、コミュニケーションだけに重点を置くのではなく、メリットを最大限活用できるように、授業の工夫をしようと思っています。

天野:最後に今後の目標などをお聞かせください。

柳田:1人でも多くの子ども達に「英語でわかる」という感覚を教えていきたい。
その為にもし可能なら、もう一度TESOL留学をして、さらにスキルアップをしたいです。
私は現場の経験が無いままTESOLを学んだため、TESOLで学んだことを思い出して今になって理解することもあります。
現場経験を経てからもう一度学ぶことができれば新たな気づきを得られ、さらに指導力アップに繋がると思います。

(2012年2月13日取材)

柳田眞由乃さん

柳田眞由乃さん
茨城県立水海道第一高等学校の英語教諭。
日本の大学を卒業後、教師としての専門性を高めたいと思い、オーストラリアのマッコーリー大学へTESOL専攻で留学。修士を取得後、帰国し高校の英語教諭として勤めている。

TESOL履修者へインタビュー一覧 »

«前の記事へ |  特集一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます