特集

これが英語教育の新標準だ!すべての日本人に知ってほしい「英文法」の価値

「日本人が英語を話せないのは、英語教育がそもそも話すことを目的としていないから」
「英語は話すことができてはじめて役に立つ。そして、話すための文法をマスターすれば、リスニング・読解も飛躍的に伸びる」
独創的な英語教授法と、テンポのよい講義で熱狂的なファンを集める東洋学園大学人文学部教授の大西泰斗先生に、決定版、英語教授法を聞いた。

受信型の英語教育から「話すための」英語教育へ

天野:最近の英語教育では「読んで理解する」から「話す」へ関心がシフトしているように思われますが、なぜ日本人はいつまでたっても英語を話すことが苦手なのでしょうか。

大西:それは「そもそも話すことを目標に教育をされていないから」ですよ。
中高の英語教育は、今も昔も大学受験を目標にしています。
そしてそこで試されるのは主に読解力と聴解力---受信専用の英語力です。
受信に特化された教育を受けても発信できないのは、理の当然です。

天野:受信専用の教育をどう変えれば、発信する力がつくのでしょうか。

大西:もっとも変わらなければならないのは、教授者自身の態度です。
「日本語訳ができればいい」という教え方と、「話す」を目標とした教え方では、教授者に要求される説明のレベル、精度は著しく異なります。
日本語訳でいいのなら、「someもseveralもa number ofも全部『いくつかの』です」といった教え方も可能でしょう。
でもそれでは発信には使えません。
それぞれがどうちがうのかがわからなければ安心して使うことはできないからです。
受験で要求される能力だけでなく、その向こうを見据えた授業を行う。
常に「この説明で話すことができるのか」を自問する---それが話す力につながるのです。

天野:内容についてはどうですか。「話す」を射程においた教育内容はどうあるべきなのでしょう。

大西:まず充実した文法教育が根底になくてはなりません。
自由に創造的に文を作るためには「英語」というシステムの理解とその習熟は不可欠です。
文法をすっとばして「毎日聴いていればある日突然英語が話せるようになる」わけなどありませんしね。
少なくとも「使える」レベルでは。
ただ、今までの文法は変わらねばなりません。
従来の文法は受信に特化されているからです。
「英文を訳せればいい」文法と「それを使って話す」文法とは、要求されるスペックが当然異なります。

天野:大西先生は常々、従来の「規則羅列型」文法には大きな問題があるとおっしゃっていますね。

大西:問題は規則にはありません、それをただただ機械的に羅列することにあります。
「話す」には常に心理が伴います。
ある単語を選ぶ、ある文型を使う、すべての行為すべてに血が通っていなければ、英語をストレス無く使うことはむずかしい。
羅列で終わらない解説、心理にまで言及した解説でなければ、「話す」に役立てることはできません。
たとえばIt is difficult to speak English.という文がありますね。
標準的には「itは仮主語で意味はなく、真主語はto以下。『〜すること』を訳す」とされますが、高校の先生方対象の講演会などで私はよく、「みなさんは本当にそんなことを考えながら、こうした形を作っているのですか?」とお尋ねします。
もちろんそんなことを考えながらこの形を使っている人は誰1人いませんよ。
この文は心に浮かんだ状況をitで受けながら「むずかしいんだよ」と始めているのです。
もちろん何がむずかしいのか相手にはわかりません。
そこでその内容をto speak English(英語を話すのはね)と後追いで説明しているのです。
ネイティブの心理---それを掴ませることが「話す」を目標においた文法解説には必要なのです。

天野:それをまとめたのが、先生の近著「一億人の英文法」なのですね。

大西:ええ。この本は書き上げるのに3年以上かかりました。
すべての形に対応する心理を与えようとしたからです。
心理に着目すれば、実にシンプルに「話す」ための英語を手に入れることができる---それを示すことができたと思っています。
英語は徹頭徹尾「配置のことば」です。
英語文を作る心理は---煎じ詰めれば---適正な位置に表現を配置することにあります。
文内での位置それ自体に意味があることばなのです。
英文の基本骨格となる配置を4種類(基本文型)と、2つの修飾位置に徹底的に習熟すればあとは、細かいテクニックと表現---そうしたシンプルなことばなのです。
受験を目標とした授業・教授者の態度・文法を、「話す」というより高次な目標に向かって変えていく、日本人に英語力を劇的に変えていくためにはそれが必要だと思います。

小中高の教育は一貫しなくてはならない。それは文法を起点とするべきだ

天野:使える英語を身につけるべく、小学校の外国語活動や、高校でのオールイングリッシュの授業、コミュニケーション活動の重視など、授業の改革も進んでいます。

大西:問題はそれぞれの「改革」が有機的に連関しているかどうかでしょう。
小学校で「気軽に外国語に向かい合おう」と言いながら、中学校に入った途端訓詁学のような学習英文法が待っているとしたら、学生は途方に暮れます。
大切なのは学習内容の一貫性です。
そしてその中心となるべきは、やはり文法だと思うのです。
仮に「一億人の英文法」でプログラムを作るとすれば、小学生の間は単純な基本文型の徹底した習熟。
英語の根幹となる基本語順を身につけます。
中学生では、それを基に修飾語を加えた形(冠詞・否定文などを含みます)や基本配置の変形(疑問文・感嘆文)へと使える形を広げます。
高校生の段階では、さらに精緻なニュアンスを運ぶためのテクニックへ---限られた紙幅で詳しく述べることはできませんが、もっとも基本的な文の骨格・意味から段階別に実用英語の複雑性に向かって知識の枝葉を広げていく、そうした考え方です。

天野:ALTによるスピーキングの授業はどう評価しますか?

大西:あいさつ程度の英会話や半分レクリエーションのような内容なら評価はできません。
限られた貴重な時間を有効に、「話せる」に向かって進むためには、具体的な習熟目標が必要です。
そしてそれを与えてくれるのも文法であろうと考えています。
「今日は現在形と現在進行形の使い分け」「今回は過去形を使った丁寧・婉曲・仮定法を使いこなせるようになろう」など、どの文法事項をマスターさせたいのか、どういった練習をさせるのか、はっきりと具体的目標を持った上で授業を構成するべきだと思います。

天野:高校のオールイングリッシュの授業についてはどう思いますか?

大西:オールイングリッシュでありさえすれば英語ができるようになるという考え方は些か短見です。
海外の語学学校ではもれなくオールイングリッシュですが、そこに通う学生がみるみるできるようになるかといえばそんなことはありません。
英語に限らず授業の成否は「どれだけ濃密な情報と練習の機会を与えたか」によります。
オールイングリッシュで教授内容が薄まるようであれば、当該の学生たちにとっては時期尚早でしょう。
日本語で行う授業と同じ密度があり、さらに教師の使う英語から学生に伝わる情報も多であるとすれば、やってもいい。要はバランスの問題です。

天野:ありがとうございました。最後に読者の方々に向けてひとことお願いします。

大西:今や英語は特技というよりは、グローバル化した世界で生き残るための前提となっています。
次代を担う若者たちの主戦場は英語にはありません。
「英語で何を伝えるのか」にあります。
単に英語ができるだけでは、未来は拓けないのです。
その程度の能力を開発するのに、多大な時間をかけることは許されない---私はそう考えています。
大切なのは学習の時短化・効率化です。
そしてこの点こそ、従来の英語教育に欠けていた視点のように思えるのです。
私が30年以上前高校時代に学んだ文法書と寸分違わぬ内容の文法書が今でも使われている、高校生に「ああ、あれはリラックスタイムだよ」と揶揄されるようなオーラルの授業も行われている。
効率化を真剣に考えていればあり得ない話です。
英語教育は「小学校でも英語始めました」「授業は全部英語でね」などと外枠を弄るだけでは一歩も進みません。
何をどう教えるのか、それが「話す」につながるのか---教授者ひとりひとりの胸の内にこそ、大きな変革の糸口がある。
私はそう考えています。
ありがとうございました。

大西泰斗

大西泰斗さん
筑波大学大学院文芸言語研究科博士課程修了。英語学専攻。オックスフォード大学言語研究所客員研究員を経て、現在東洋学園大学教授。ポール・マクベイ氏とともに、NHK語学番組の人気講師。

編集後記

インタビューの中で、大西先生が「日本人」という言葉を何度か使っていた。
英語教育に関しては様々な意見があるが、日本という環境の中で、さらに日本人特有の苦手意識も考慮して、「日本人のためにきちんと英語教育を設計しなければならないのだ」と強く感じさせられたインタビューだった。
教員にとっては、限られた授業時間の中で、効率的且つ効果的に英語を教えるためにはどうしたら良いのか、何ができるのか。
生徒にとっては、英語を使って将来何をするのか、何ができるのか。
原点に立ち返って目標設定から考え直すと、意外と英語教育の向かうべき方向性がすんなりと見えてくるのかもしれない。

キンジロー編集長 天野智之

«前の記事へ |  特集一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます