特集

英語教員は、世間に誇れるだけの語学力と教師力を鍛えよ!

文部科学省 高等教育企画課長 浅田和伸氏に学校教育の国際化の現状や今後の展望について話を伺った。

語学だけに捕らわれない。異文化を受け入れる柔軟性を養う教育を

天野:国公立大学の受験資格や卒業要件として、TOEFL®テストなどで一定以上の成績を収めることが成長戦略に提言の一部に盛り込まれることが話題となりましたが、今後高等教育での英語教育はどのような方向を目指していくのでしょうか?

浅田:「国際化」イコール「英語」ではありません。
語学力はあくまで国際化に必要なことの1つであり、多文化を受け入れ、それを自分のものにできる柔軟性を養うことが本来の教育の国際化だと思っています。

天野:国際的に使われているTOEFL®が大学入試等で使われることによって、教育は大きく変わりますか?

浅田:TOEFL®だけに限定するつもりはありませんが、国際的な英語試験を使うことで高校以下の英語教育は変わるでしょう。
「受験英語の勉強は時間がかかって大変だ。」と聞きますが、本来ツールである英語を受験勉強のメインにしてしまっているのは本末転倒。
将来に活かすために語学を身に付けることが目的のはずです。
その意味で、受験英語より実生活で使える英語を学ぶことにつながると思います。

学校現場が教育の質を高める努力を本気でサポートしたい

天野:様々な分野で「グローバル化」が叫ばれるようになり、特に英語教育については様々な施策や議論が行われています。

浅田:グローバル化や国際化について、関心や意識が高まっているのは事実です。
英語教育についても、かつては英語を学ぶ理由として「文献を読むため」というウェイトが大きかった。
しかし近年では「コミュニケーション」がより重要になっており、時代のニーズに合った英語教育のあり方が求められているということだと思います。

天野:今後、教育の国際化はどのような方向に進んでいくのでしょうか?

浅田:国際化と言っても、やり方は一つではありません。
文部科学省が方向性を決めて皆が同じことをするというのではなく、各学校・教育機関がそれぞれベストだと思う方法で取り組み挑戦していくことが必要です。
文部科学省はその現場の努力を最大限応援します。
近年、ユニークな教育システムと就職率の高さなどで高い評価を得ている秋田の国際教養大学や、大分の立命館アジア太平洋大学などは、自ら国際化の方向性を示して学校を立ち上げました。
もちろん文部科学省としてもサポートしていますが、新しい地平を切り拓いたのは彼らの自主的な努力によるものです。

英語教員は教師力と語学力の両方を鍛えよ

天野:高校の英語授業の英語化も始まり、様々な変化が見られますが、具体的に高等教育で日本人の平均英語レベルをどれくらいまで上げたいという目標はありますか?

浅田:筆記試験の点数ではなく、「実際の生活の場で使える英語力」を身に付けて欲しいと思っています。

天野:使える英語を教えるためには教員の英語力についても改善の必要が叫ばれています。

浅田:語学力さえ高ければ良い英語の教員になれるわけではない。私は中学校の校長も経験しましたが、学校現場ではむしろ学級経営や生徒指導などの力の方が大事かもしれません。
とはいえ、英語の教員であるからには英語力で勝負できなくては話にならない。メディア等で中学、高校の英語教員は英語力が低いと揶揄されて黙っているようでは情けない。
自信をもってそれを否定できるくらいの実力を示してもらいたいし、プロとしてそのための努力をするのも当然のことです。

取材日:2013年4月10日

浅田和伸

浅田和伸さん
文部科学省 高等教育企画課長
1962年生まれ。1985年東京大学文学部心理学専修課程卒、同年文部省入省。三重県教育委員会指導課長、文部科学大臣秘書官、私学部参事官、高等教育局専門教育課長、内閣官房内閣参事官などを経て、2009年4月より3年間中学校の校長を務める。2012年8月より高等教育局高等教育企画課長。

編集後記

「学校現場ではむしろ学級経営や生徒指導などの力の方が大事」という言葉はまさに日本の教育現場の実情なのだと感じた。
日本の学校現場をあまり知らない外部の人間からすると「コミュニケーション力が必要だ!」とメディアが騒げば「学校教育にコミュニケーション力を!」とすぐに学校現場での変化を求める。
しかし、教育とは一朝一夕にできるものではないうえ、教育現場の実情を知らずに、うわべだけ変えようとしても意味がないのだ。
そのうわべの変化に翻弄されて、教育現場は非難の的になりがちだ。
日本にくる外国人も増えている近年、学校だけが頑張るのではなく、地域社会全体が一緒に教育に参加していくことで、国際化の道は意外にもっと身近に達成できるのかもしれない。
もちろん教員自身のスキルアップは絶対に必要だが、社会全体がしっかりと教育のあり方について考え、参加していくことが必要なのだろう。

キンジロー編集長 天野智之

«前の記事へ |  特集一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます