特集

世界で英語学習の低年齢化が進む今、日本は何をするべきか

小学校英語が開始し、日本でも急速に英語学習開始の低年齢化が進んでいる。
今後の英語教育・そして英語試験はどのように変わっていくのか?世界共通の中高生向け英語テストTOEFL(R)Juniorを日本で運営するグローバル・コミュニケーション&テスティングの鳥居健介氏にキンジロー編集長が問う!

世界的に英語学習の低年齢化が進んでいる

天野:御社は今年、中高生向けの英語試験TOEFL(R)Juniorの日本でのサービス展開を始めましたが、TOEFL(R)Juniorとはどのようなテストなのでしょうか?

鳥居:TOEFL(R)Juniorとは、英語を母語としない中高生の英語運用能力を測定する世界共通のテストです。

天野:なぜ今、中高生向けの試験の提供をはじめられたのでしょうか?

鳥居:アジアを中心とした世界各国の英語学習開始学年を見ると、小学校1年生から英語教育を始めている国がほとんどです。
お隣の国韓国でも小学校3年生から英語教育を始めていますが、都市部に行くと実際は小学校1年生から始めているところが多いようです。
こうした学習で身につけてきた中高生の英語力を世界的な指標で測定し、さらに向上させたいというニーズに応えた形です。

天野:どこの国も早くから英語教育を始めているということは年齢が若いうちから英語学習を始めることが良いということでしょうか?

鳥居:早くから学ぶことは良いことだと思いますが、単に早くから学んだから良いということではないと思います。
学習者のモチベーションや学ぶ動機が大切ですし、そのためにも個々人の能力に応じた学習が重要です。
将来、国際社会で通用する「英語運用能力」をどう高めて行くかという視点も重要だと考えます。

国際標準型の英語テストで、「使える」英語の力を測る

天野:具体的に英語運用能力を測るというのはどういうことでしょうか?

鳥居:TOEFL(R)Juniorの問題は、中高生が実際の日常生活で出くわすであろうシチュエーションを中心に作られており、その中で適切に英語を使う力が測定されます。
例えば学校の授業や生活でのシーンだったり、友達とのやり取りだったり。
さらにリスニングのパートでは、受験者と同年代の声や話し方で音声を聞くという工夫も凝らされています。
このため英語以外の特別な知識や経験の有無でスコアが左右されることもありません。

天野:他のテストとの違いや特徴はありますか?

鳥居:TOEFL(R)Juniorはスコア制なので、合否ではなく、自分の実力を点数で見ることができますし、継続的な受験で力の「伸び」を実感することもできます。
また、「Can Do Statement」によって「新聞やインターネットにあるような長文にざっと目を通して、必要な情報を収集することができる。」など、その人の英語力で、どのようなことが可能なのか具体的に知ることができます。
TOEFL(R)Juniorは世界中の人が受けるテストで、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)という言語力評価に基づいた評価も行いますので、より国際的な英語力の証明となります。

天野:TOEFL(R)Juniorの普及を通じて、御社では今後どのような目標をお持ちでしょうか?

鳥居:世界で活躍する人材が増えることです。
英語はあくまで道具ですので、道具を使っていかに世界活躍するか。
そして、技術力はあるのに発信力が弱いといわれる日本人が、発信力を身に付けることで自信や協調性も身に付けて欲しい。
英語の試験はあくまで語学力を測る一つの指標ですが、世界標準の指標を目指すべきです。

鳥居健介さん

鳥居健介さん
グローバル・コミュニケーション&テスティング(TOEFL(R)Junior運営事務局)事業部長。 English Immersion Campを通じて国際理解教育にも力をいれてきた。元文部科学省外国語長期体験活動推進事業委員。

«前の記事へ |  特集一覧  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます