教育ニュース

【留学】

「海外留学促進奨学金制度」を2013年度より本格導入 東洋大学

2013.04.23 17:33

学校法人東洋大学は、「グローバル人財」の育成促進のための支援制度として「海外留学促進奨学金制度」〜TOEICスコアを基準に、語学力に合わせた4つのコースを提供〜を2013年度より本格導入した。
この制度は、東洋大学に在籍する全学部生・大学院生共通の制度のひとつで、ビジネス社会で英語スキルの指標として使用されることが多いTOEICのスコアを基準に、ある一定の基準を満たした学生に留学や研修のための支援を行うものだという。

【4つのコース概要】
〈ファーストステップ型奨学金〉
本学主催の語学研修・ホームステイを通し語学力及びコミュニケーション能力向上を図ると共に、異文化への理解を深る。学生の海外留学を支援する制度。
対象レベル:初級者(TOEIC500点以上)
〈チャレンジ型奨学金〉
より高度な語学学習、あるいはその能力を用いて海外でインターンシップやボランティア活動を行う学生の海外留学、社会貢献を支援する制度。
対象レベル:中級者(TOEIC550点以上)
〈アクティブ型奨学金〉
比較的長期にわたる正規の留学またはそれに準じるプログラムで 高次元な語学能力の修得や外国語による専門科目の修得を促す。
また異文化の中での生活を経験し、アウェーで戦える力を身につける。
学生の海外留学を支援する制度。
対象レベル:中上級者以上(TOEIC600点以上)
〈グローバルリーダー型奨学金〉
高い外国語能力を運用して留学先の現地学生と同じ教育プログラムを受講し、専門教育を学習するとともに異文化社会における適応力を体得する。
また、将来日本の文化・精神・哲学を発信し、アウェーでもリーダーとして活躍できる人財となる資質と意思を持つ学生を支援する制度。
対象レベル:上級者以上

【詳細】
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000005239.html

blog comments powered by Disqus

«前の記事へ |  教育ニュース  | 次の記事へ»

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます